浅草橋にある低価格、均一料金の居酒屋の原価率

浅草橋にある低価格、均一料金の居酒屋の原価率

最近は300円以下の低価格の均一料金の浅草橋の居酒屋が増えています。価格が安くても利益が出る仕組みは、原価率が高いものから安いものが混じっているためです。居酒屋の場合、原価率は30%と言われていて、例えばアルコール飲料だとビールが50%、サワー類が10%で、焼き鳥だとももが50%で皮や内臓類は10%となっています。注文をする人はいろいろな商品を注文するので原価率を平均すると30%くらいになります。

 

 

料金均一の居酒屋は普通の浅草橋の居酒屋よりも出費を安く抑えらるので割安感はありますが、そうとも言えない場合もあります。
サワー類や焼酎などの薄めて飲むものを飲んでいて、漬物、冷奴、枝豆、内臓類の焼き鳥と原価率の低いものばかり食べていると割安とは言えません。
逆にビールや日本酒やワインばかり飲んでいて、揚げ物やご飯ものなど原価率の高いものばかり食べているとかなりお得感があります。
原価率を気にして注文する人もいないと思いますが、原価率の高いものばかり注文するとかなりお得です。"